アクセスカウンタ

SIG's.log

プロフィール

ブログ名
SIG's.log
ブログ紹介
2006.2.20. 〜 2011.12.31.の期間、急性リンパ性白血病の闘病記として執筆しました。
現在は趣味のカメラや撮影した写真等を掲載しています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
館ヶ森アーク牧場 トントンレース
館ヶ森アーク牧場 トントンレース 今日は、家族で地元岩手県一関市にある館ヶ森アーク牧場のこの時期の恒例行事、子豚のトントンレースを見に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/17 20:56
宮城県 やくらいガーデン
宮城県 やくらいガーデン さて、今回もD610とAT-X 16-28 PRO FX 16-28mm F2.8の組み合わせで写真を撮ってきました。 場所は、宮城県加美町にあるやくらいガーデンという花公園です。 D610 + Tokina AT-X 16-28 PRO FX 16-28mm F2.8 F4.5 1/640秒 ISO100 26mm 薬莱山という山のふもとにある花公園で、周辺にはキャンプ場やレストランなどが点在します。 今のシーズンはキバナコスモスやサルビアが咲いていました。 D610 + Toki... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/03 22:12
岩手県 中尊寺
岩手県 中尊寺 私は岩手県一関在住なので、中尊寺は地元です。 昔は、初詣や受験の合格祈願などで訪れていた程度の印象でしたが、世界遺産に登録されてからは季節を問わず観光客が訪れるようになり、なんだか自分が知っている中尊寺じゃなくなったなぁという感じです。そのためか、最近あまり訪れていませんでしたが、いつものD610とTokina AT-X 16-28 PRO FX 16-28mm F2.8を担いで久々に行ってみました! D610 + Tokina AT-X 16-28 PRO FX 16-28mm F2.8... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/27 21:54
青森県 奥入瀬渓流
青森県 奥入瀬渓流 今年7月に、今まで使用していたDX機のNikon D90から、FX機のD610へ一眼レフを更新。それに伴い、レンズもフルサイズ用に少しずつ更新しています。その中で、メインレンズは広角レンズのTokina AT-X 16-28 PRO FX 16-28mm F2.8を選択。景色撮りの練習をしようと、このレンズ1本で青森県の奥入瀬渓流に行ってきました。 D610 + Tokina AT-X 16-28 PRO FX 16-28mm F2.8 F4.5 1/25秒 ISO160 26mm 朝9時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/07 21:29
5年目を迎えて
 もうすぐ平成23年も終わろうとしています。  今年は、平成18年の骨髄移植から5年目を迎える節目の年でした。  この5年間のうちに、職を持ち、結婚することができました。  その5年間の中でも、今年はさまざまなことがありました。  1月、妻と一緒に弘前大学病院に行き、体外受精について相談しました。そして何度も弘前に足を運び、1回目の挑戦で妊娠成功。本当にうれしくて、感謝の気持ちでいっぱいでした。  3月、突如起こった東日本大震災。仕事柄、地域の高齢者の安否確認に一生懸命だったのですが、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/31 21:46
骨髄移植について知ろう
11/14、八戸市にて開かれた市民公開講座「骨髄移植を知ろう」に、骨髄移植経験者として招かれ、体験談を話してきました。 自分と同じ移植した方、現在も少しずつ抗がん剤治療しながら生活されている方、そしてドナー経験者の方など、様々な方にお会いできました。 体験談を話す中で、自分が一番伝えたかったことは、両親、ドナーををはじめとする、支えてくれた全ての方々への感謝と、自分は生かされている、分けていただいた命への責任感です。 人は誰も自分だけでは生きていません。必ず誰かの支えがあって生きられます。... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/11/19 10:26
骨髄移植から2年
今日9/15は自分にとって特別な日です。2年前の今日20:30、骨髄移植を行った日だからです。2年前の今日は、午前中から無菌室に入り、ドナーさんの骨髄が届いた後、20:30に骨髄移植が開始されました。血液型が異なるドナーからの移植だったので、AB抗体は移植されず、純粋な造血幹細胞のみの移植だったので、移植自体はものの20分足らずで終わりましたが、あの頃の無菌室での生活は今でも鮮明に覚えています。ただ1日1日、呼吸するのも寝返りをうつのも辛かったです。下痢に吐き気に口内炎…、体中が痛かったのが一番... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/09/15 21:21

続きを見る

トップへ

月別リンク

SIG's.log/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる