SIG's.log

アクセスカウンタ

zoom RSS 5年目を迎えて

<<   作成日時 : 2011/12/31 21:46   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 もうすぐ平成23年も終わろうとしています。
 今年は、平成18年の骨髄移植から5年目を迎える節目の年でした。
 この5年間のうちに、職を持ち、結婚することができました。
 その5年間の中でも、今年はさまざまなことがありました。
 1月、妻と一緒に弘前大学病院に行き、体外受精について相談しました。そして何度も弘前に足を運び、1回目の挑戦で妊娠成功。本当にうれしくて、感謝の気持ちでいっぱいでした。
 3月、突如起こった東日本大震災。仕事柄、地域の高齢者の安否確認に一生懸命だったのですが、頭の中は妻とおなかの中の赤ちゃん、そして家族が無事かどうか心配で心配でなりませんでした。震災後、しばらく電気・ガス・水道がない状態での生活でしたが、家族の力を合わせて頑張りました。地域の皆さんとも協力して乗り切りました。震災後初めての産科検診で、赤ちゃんに異常がないことを知った時は本当に安心しました。あれだけの不安、ストレスからわが子を守ってくれた妻、ありがとう。
 9月、31歳の誕生日を向かえ、同時に骨髄移植から5年を迎えました。久々に思い返してみる闘病の日々。確実に自分の糧になっていることを実感しました。
 10月、妻は臨月を向かえ、大きなおなかを重そうにしながらも、買い物や家事を頑張っていました。10月末、出産を控え入院。妻にとってはじめての入院。不安だっただろうと思います。
 11月1日、朝6時ころ妻から苦しそうな声で電話がありました。陣痛が始まったです。すぐに病院に駆けつけ、出産に立ち会うことができました。出産は神秘的で、奇跡的な時間でした。
 3786gの大きな女の子。実里(みのり)と名づけました。故里を大事して、実り多い人生を遅れるように・・・。そんな思いをこめてつけた名前です。
 今年の震災ではたくさんの人が亡くなりました。そんな年に生まれたわが子。人の命やつながりを大切にする、温かい人に育ってほしいです。父である私も、人と人のつながりで命をいただいた人間。大切なのはお金でも名誉でもなく、人とのつながりであるということを、5年目の今改めて実感しています。
 来年は私たち家族にとって、そしてすべての人々にとって幸せな年になりますように。生きているということに感謝。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5年目を迎えて SIG's.log/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる